ボリンジャーバンドに従ってBTCを購入するbotのPython実装例@コインチェック

ボリンジャーバンドに従ってBTCを購入するbotのPython実装例@コインチェック

通常価格 ¥0 ¥0 単価 あたり
税込
【公認PR】プログラミング不要で自動売買。最大150,000円キャッシュバック!【外為オンライン】

botの概要

僕のブログ記事で紹介したbotそのままです。

代表的なテクニカル指標であるボリンジャーバンドを利用してビットコインを購入するコードです。
一定期間ごとにボリンジャーバンドの計算を行い、価格が下がったと判定された時に買い注文を入れます。
具体的に言うと、現在価格が移動平均よりも2σ区間以上下に来た時に買いの注文を入れます。

非常に簡易的なコードでして、単に買い注文を入れるだけで、約定の判定や売り注文などは行いません。
これ単体で運用するというのは難しいですが、これから自動売買の Python コードを書いてみたい人の参考用の素材になれば幸いです。

得意な相場環境・苦手な相場環境

実運用を想定しているわけではないので微妙ですが、あえて言うならばレンジ相場(ボックス相場)が得意でトレンドが明確な相場は苦手です。

botの動かし方


以下の手順だけで動かすことができます。

・口座開設(コインチェック)
・APIキーの発行
・ライブラリインストール(入って無ければ)

(Pythonが入っていることは前提です)

詳しい手順はブログ記事にて画像付きで解説しているので、よければ参考にしてください。
APIキーを入力して行動を実行すると、本当に注文が行われるのでそこは注意して下さい。

この商品をシェアする

>>【無料登録】プログラミング不要で最短10分でビットコイン自動売買。強いロボットを選ぶだけ